第3回福岡トライアスロンレビュー

今年で第3回を迎える福岡トライアスロンに出場してきました。

前日の時点で「災害レベルの大雨のおそれ」「警戒レベル4」という予報の中迎えた当日、ギリギリ雨が降りそうで降らない状況。途中で危険を感じたら中止しますという注釈付きで開催しました。

終わってみたら最後まで雨が降ることはなく、むしろ暑すぎない天候でレースにはちょうど良かったのかなと思います。

さて、レビューです。

概要

場所:福岡県福岡市志賀島・西戸崎周辺

福岡の海浜エリアは博多から電車で乗り継ぎ35分、車で40分の好アクセス。

エメラルドグリーンのビーチが出迎えてくれるひときわ自然に恵まれた環境で地元のデートスポット。都市と自然が織りなす福岡ならではの絶景を楽しめます。

サザエなどの新鮮な海の幸が食べられるレストランが多数。イチゴやビワなどの果物もたくさん取れます。

志賀島みどころpdf → ココ

準備

まず、朝起きた時点で30分の寝坊。2年前に伊良湖トライアスロンに出たときも反省したのですが、トライアスロンはとにかく準備が大変ということを思い出しました。車での移動、駐車、駐車場からの移動、バイクの整備、チェック、最終受付、トランジッションエリアにバイク、ランニングシューズ等設置、番号シール発布、トライスーツに着替え、ゼッケンベルト着用、アンクルバンド装着、栄養補給、ウエットスーツ着用、ワセリン塗り、入水チェック・・・。すべてギリギリでした。

スイム

750mの2周回。とにかく泳ぎ切ることを目標に焦らず、急がず。平泳ぎをたっぷり入れて泳ぎました。ヘッドアップして泳ぐとめちゃくちゃ疲れるので、クロール、平泳ぎ、クロール・・・という感じで泳ぎました。途中何度か海のうねりと息継ぎが重なって海水を飲んでしまい、吐きそうになりました。波はほとんどなく、コースもシンプルで泳ぎやすかったけど、結構きつかった。。。

バイク

基本的にジムのワットバイクのみでトレーニングしていたため実走で長距離漕ぐこと自体が久しぶり。こちらも無理せずマイペースで展開。前日にローカル番組「福岡人志」で松っちゃんが来てたホットドック屋さん何かもありテンションが上がったのもつかの間、志賀島周辺の海風の強さ、途中の激坂に気持ちが折れました。トレーニング差がばっちりでるコースですね。エメラルドグリーンの海はほんとにきれいで海底まで透けて見えてました。いつか遊びに来たいと思いました。

90度カーブ、S字カーブなどテクニカルな部分も少しありますが、Uターンはないので走りやすかったです。

ラン

国営海の中道公園内のコースを2周回(実際は2周半という感じ)。ほとんど平坦なコースで少しだけアップダウンがありました。エイドステーションは大きいのが2つですが、熱中症対策で水のみが飲める小さなやつも2つありました。十分です。応援してくれるボランティアも多くありがたかったです。

せめてランくらいは!という思いで走り出し、4分40秒ペースで2キロ走ってたのですが、そこから左足四頭筋がけいれん。失速。。。ストレッチと歩行を繰り返し、やっとのゴール。ゴールタイムは3時間超えてました。

その他

ボランティアスタッフ、メディカルスタッフ、審判などサポートスタッフ、地元住民さんの多さ、などサポート体制はかなり良かったと思います。AEDも持ち運び式のものを20台準備。伊藤超短波の機材貸し出し。レース後のアロママッサージ(15分1000円)も大繁盛してました。主催者のトップが病院の先生とのことでしたので、このような充実した医療体制が敷けていたんだと思います。

来週は「伊勢志摩トライアスロン」で医療班側に回ります。見習うべき点は勉強させてもらおうと思いました。

今日の一日一新

福岡トライアスロン出場
高宮駅前イタリアンSACCO(パスタの麺がもちもち)☆☆☆★★
博多駅駅弁:東筑軒かしわ弁当(うまいです。おススメ)☆☆☆☆★

今日の子供日記

次女の乳児湿疹は治まりつつあります。良かった。

長女の絵が好きです。義弟の結婚式のwelcomeボード用の絵です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です