今は生き延びるでいい

1月末で会社から独立し、2月から意気揚々と働き始めようとした矢先でのコロナショック。

3月からフィットネスジムの会員さんが減り始め、4月5月は休館。売り上げゼロ。

新規入会者は体験パーソナルというシステムがあり、無料で2回30分パーソナルトレーニングを受けられます。その2回はいわばアピールタイムで、いいなと思っていただけたら本契約となります。

6月から再開も新規入会の会員さんは9名。それを4、5名のパーソナルトレーナーが言葉は悪いが奪い合う。そんな状況です。

7月の新規入会が22名でやっと僕のところにも回ってきた。そんなこの頃。昨日福岡のコロナ感染者は32名出ました。もうやめてくれーというのが正直な気持ちです。

スッキリに出演した福岡市高島市長の言葉

Go toキャンペーンが話題となり、今日本に起きている状況が多くの人に理解されるようになりました。観光業やそれを取り巻く関連業者は3月から売り上げが下がり、4月5月は壊滅状態。

「ぜひうちの旅館に来てください!」と表立って言えない状況。昨年は80%のホテル稼働率だったのが、今は1割、2割の世界。

フィットネス業界も窮地に立たされている

昨年の新規入会数と比較すると10%。。。

当然退会者が激増しているので非常に厳しいと言わざるを得ない。

先週から東京を発端としたコロナ感染者数の第2波が全国に広がり始め、20日の福岡県の感染者数は32名。明らかに会員さんの来館人数も減っています。

パーソナルトレーニングジムに関しては被害はそうでもないとのことですが、大手フィットネスジムはかなり厳しい状況なのがよく分かります。

AbemaTVの星野社長の話

星野リゾートの社長がAbemaTVでGotoキャンペーンの是非を話されていますが、今は昨年の売り上げの6割でいい。アクティビティなどを減らして経費を減らし、この時期を耐え凌いでいく。と言っていたのが印象的でした。

見とけよ

正直、コロナショックなんかなくて昨年と同じ状況だったらどれだけ楽に独立できただろうと思います。だって新規入会が10分の1なんですから。まったく違った状況だったと思います。

前職では「独立したら大変だぞ?」ってさんざん言われたけど、これ以上の窮地はないでしょう?これが凌げたらもはや誰でもいつでも独立できる。

だからこそ、この時期を乗り越え証明したい。今をしのげば絶対できる。大丈夫。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です