エネルギー収支について~トレーナーとして言っときたい~

食事制限をしなくても体重が減らせる。好きなものを好きなだけ食べてもこのサプリメントさえ飲めばチャラになる。という謳い文句の宣伝は絶対に嘘なので騙されてはいけません。「痩せたいけど好きなものは食べたい」という人間だれしもが持つ欲求を利用した詐欺みたいなものです。

楽だから。安いから。もうやめましょう。

ちゃんとやればちゃんと痩せるので大丈夫。

痩せたいなら「食べるの減らす」か「活動量増やす」かのどちらか。

食事によって得られるカロリーの事を摂取カロリー、基礎代謝や活動によって使うカロリーを消費カロリーと呼ぶことは周知の事実でしょう。

そして

摂取カロリーから消費カロリーを引いた数値がプラスなら太るし、マイナスなら痩せる。それ以外はないです。

食事のテクニックは色々ある

糖質制限やケトジェニックダイエットなど様々な減量方法はあります。しかし、これも糖質や脂質以外を好きなだけとっていいという訳ではなく、消費カロリーの範囲内で摂取するものをコントロールしているに過ぎません。

「朝食を摂ると代謝が上がる」「夜食べると太りやすくなる」もいかにも正しいそうに聞こえますが、結局研究によってコンセンサスが取れているのは「一日の摂取カロリーと消費カロリーのプラスマイナスで痩せるか太るか決まる。」ということ。

伊達ちゃんのカロリーゼロ理論は好きですけどね。世の中そんなに甘くありません。

「運動の選択」はなりたい自分を想像して

摂取カロリーを極限まで減らし、有酸素運動だけを実施すれば体重は落ちるでしょう。ただ体重を落とすことが目的になってはいけません。

スキニーファットという言葉をご存知でしょうか。体重は少なく、一見痩せて見えるけど服を脱ぐと脂肪がついただらしない身体の状態をいいます。

単に体重を減らすことが目的ではなく、メリハリのあるカッコいい身体になるためには有酸素運動+筋トレが必要不可欠です。

また、有酸素運動は筋肉を分解する作用があるのも多くの研究であきらかになっている事実です。ボディビルやフィジークの選手は有酸素運動をやらない人も多いです。ゴリゴリマッチョになりたければ筋トレ一択です。

今日の一日一新

・長男の弱視の眼鏡の医療費助成の申請(療養費支給申請書)
・日清食品テリヤキチキンソース

今日の子供日記

長女:下の前歯の乳歯が抜けた!永久歯が見えてます。
長男:弱視の矯正眼鏡をかけ始めました。常にかけるように躾けないと。
   納豆1回で2パック食べます。
次女:明日から保育園。持参物の名前つけ終了。ガーゼが売ってないので困っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です