お酒のおつまみのおススメは?

この2日間は晴れの日が続き、今日は気温もグッと上がりました。通勤で自転車に乗れば職場につく頃には大汗をかいています。個人的には夏が一番好きな季節。Tシャツ・短パンでいられることが身軽で嬉しいです。

こんな仕事をしていますが、ビールはやめられません。(もっぱら宅飲みの第3のビールですが。)カロリーが高いのは分かっているのですが、それでも何とか最初の1杯だけに留めてその後はレモンチューハイに。お酒は人生のスパイスともいいますので、適度に飲むのはありですよね。

つまみを制する

お酒はやめられませんが、同時につまみもやめられません。お酒だけでイケる人もいるようですが、僕は何かをつまみながらじゃないと飲めません。

翌日にお酒を残したくないのであればビタミンB系、マグネシウム、亜鉛などを含むものがおススメです。具体的には魚介系の刺身、貝類、ワカメです。シジミの味噌汁も昔から二日酔いを抑えると言われていますよね。

魚介類は健康的な油と言われいるオメガ3脂肪酸も多く含まれていますので健康面においてもおススメです。

スナック菓子や唐揚げなどの揚げ物は注意が必要です。アルコール摂取時は通常よりも脂質を吸収しやすくなっているので、そのタイミングで脂質を摂るとダイレクトで脂肪に変わります。

居酒屋で3品頼むなら

居酒屋の家庭的なメニューが大好きでついつい頼みすぎてしまいます。僕が行くような居酒屋はチェーン店の安いところですが、気にせず注文して目玉が飛び出るほどのお会計になったこともあります。

そんなみんなが大好き居酒屋メニューですが、ダイエットの視点から3品選ぶのであれば何が良いのでしょうか?

Goodパターン

  1. 刺身盛り合わせ
  2. 冷ややっこ
  3. 青菜のおひたし

魚介類を取りつつ豆腐で植物性たんぱく質もゲット。色の濃い野菜でビタミンも補充できます!

まあまあパターン

  1. ホッケの開き
  2. 川エビの素揚げ
  3. 浅漬け

ホッケは魚介類でOKメニューですが一人で食べるには大きすぎます。半身ならちょうどいいかと思われます。川エビの素揚げは揚げ物ですが脂の吸収率が少ないのでまだOK。浅漬けで野菜の補充は良い選択ですね!

NGパターン

  1. 鶏のから揚げ
  2. ソーセージ
  3. ホウレンソウのバター炒め

唐揚げは3つも食べれば一日の脂の摂取量に達してしまいます。さらにソーセージも1本に6g程度の脂質を含んでいるのでかなり高脂質食品の部類に入ります。(しかもできるだけ抑えたい飽和脂肪酸)さらにホウレンソウのバター炒めで3品ともに油食品となりThe endです。唐揚げを食べるのであればあとの2つは豆腐サラダやホウレンソウの胡麻和えなどにしましょう。

お酒がが止められないなら飲むものを変えてみる

ビール自体が揚げ物に合うという事もありますので、そもそも飲むお酒を焼酎や日本酒、ワインにすることで魚介類を取りやすい環境づくりをすることも大事かと思います。

上記のOKメニューもビールよりも日本酒が美味しく飲めそうですね。

ビール、日本酒、ワインは糖質が含まれる醸造酒ですが、糖質の含まれない焼酎、ブランデー、ウォッカなどは糖質ゼロの蒸留酒です。ダイエットしながらお酒を飲むのであれば蒸留酒をお勧めします。


密にならないという理由で最近人気のビアガーデンですが、これからの時期、お酒の付き合い方を見直してみてはいかがでしょうか。

一日一新

近所の喫茶店で誕生日プレートプレゼントされた。

子供日記

長女:小学校で体調不良の子供が増えているらしい。先日は80名のお休みがでたと。これを受けて7月後半週からは4時間授業となるようです。
長男:給食を食べ終わったら、そのお皿を職員室に持っていき「全部食べたのー凄いねーピカピカさん!」と褒められることが日課になっているそうです。とにかく大きくなりたいらしい。
次女:2日前にはしかの予防接種実施。昨日卵を食べたら凄いアレルギー反応が出て目がパンパンに腫れました。単にアレルギーだけなのか、はしかの予防接種も関係あるのか。数時間で腫れが引いたので一安心ですがびっくりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です