フリーランスの洗礼、いきなり!ド級のピンチ!

新型コロナウイルスの感染拡大により亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被患されている方、また不安な日々を過ごされている皆様にお見舞い申し上げます。

今回はフリーランスのトレーナーとして活動をしている僕がコロナショックのなかでどう感じているのか書こうと思います。少しネガティブな内容になる可能性があり、書くかどうか躊躇しましたが、自分もまた不安な日々を過ごしている一人であり、現在の自分のピンチぶりを記録として残しておこうと思い書くことにしました。

政府の発表

今日も政府から週末の外出を控えるようにというコメントが出されました。フィットネスクラブは名指しで「不要な外出先」「コロナの感染元」として連日報道され、2月にフリーランスとして独立し3月から業務委託契約で大手フィットネスクラブ2社と契約を結んでいる私としてはド直球でピンチです。(汗)

10日ほどの休館期間ののち、営業再開も新規の入会はほとんどなく休会、キャンセルの嵐。既存の会員さんも平常時の3分の1以下。

フリーランスとして独立するということは自由な生き方をする。被るリスクは自己責任という意見はごもっともです。返す言葉もないです。独立してすぐ「ピンチ」であることを書くのは正直恥ずかしいし「そら見たことか」という人もいるでしょう。でも、それを隠すことのメリットもないしピンチはピンチなんでしょうがない。(開き直り)

不幸中の幸い

独立前は3月から店舗を持ちパーソナルトレーニングジムを運営していくことも考えていましたが、途中で思い直しまずはフリーランスで活動することを決めました。もしそのまま店舗を持っていたら賃料やその他経費がそのままのしかかってくることになります。ピンチっぷりは今の比じゃないでしょう。その判断は間違ってなかったと思います。(たまたま)

これからどうするか

フリーランスとして生きるということは世間の荒波に逆らっていきるのではなく、波に合わせて柔軟に生きていくこと。その場その場の判断を早く、行動も早く。突破口を開く。それが今の僕に求められていること。

今世の中では何が求められていて、トレーナーの自分は何で役に立つことができるのかを考えて世に提案しないといけません。考えるところまではできるんですが行動が難しいんですよね。いざやろうとすると壁になることが山ほどあります。壁に当たると不安が高まり、自信が小さくなる。大胆な行動ができなくなり行動の量も減る。それも含めて結局自分次第なんですけどね。

とはいえ、何とか形にできました。

不要な外出を制限され身体を動かしたいけど何をしていいか分からない方。ジムに行きたいけどいけない。小学校が休みで子供が家にいるので外に出られない。手軽にパーソナルトレーニングを受けてみたい。専門家にメニューを組んでほしい。

そんな要望に応えられるサービスになります。

オンラインでパーソナルトレーニングを受けられるサービスです。オンラインなので当然ジムに行く必要はなく自宅でパーソナルを受けられます。費用も場所代や器具代もかからないので相場の5分の1以下で提供できます。

オンラインでの対面式パーソナルはありませんが、費用をさらに抑えて自分に合ったメニューのカスタマイズをご希望の方はコチラ

フリーランスに限らず多くの中小企業にお勤めに方々も知恵を絞って今できる事を全力で取り組んでいることと思います。共に乗り越えていきましょう!


今週の一日一新

3月26日は奥さんの誕生日。子供3人を実家に預けて夫婦水入らずでは3年ぶりくらいのディナー。かえって来たら両親の顔が死んでたので3人を長時間預けるのは無理ですね。(笑)

今週の子供日記

・長女:入学式は30分に短縮、マスク着用、両親のみの参加という連絡。
・次女:入園式は中止という連絡。
・長男:仮面ライダーの光る靴を祖母から買ってもらいご機嫌。大きめで買った制服の裾上げをしました。本人は幼稚園に行く気満々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です