仕事のパフォーマンスと筋トレ実施の関係

「筋トレが最強のソリューションである」の著者のTestosteroneさんはマッチョを雇用すべき4つの理由として

  1. 自制心が強く自己管理能力が高い
  2. タイムマネジメント能力が高い
  3. 栄養学に強く健康で丈夫
  4. 運動が生活の一部のためストレスに強い

と述べています。

世界の超エグゼクティブ達の筋トレ

  • バラク:・オバマ前アメリカ大統領:週6回、朝7時から45分間筋トレと有酸素運動実施
  • マイケル・コルバット:シティグループCEO:早朝からスパルタクストレーニング(筋トレと有酸素の組み合わせ)
  • マーク・ザッカーバーグ:Facebook創始者:週に3回朝ランニング
  • アナ・ウィンター:米ヴォーグ誌編集長:毎朝早朝テニス1時間
  • ティム・クック:アップルCEO:朝5時からジムトレ

超多忙な彼らにとっては朝は貴重な自分の時間。そんな貴重な時間を自分の健康管理に使う人が多いようです。

研究でも証明

テストステロンという男性ホルモンがあります。テストステロンは筋トレをすることでたくさん分泌されることが分かっています。英国ケンブリッジ大学の研究チームの調査で、「金融関係のトレーダーは男性ホルモンのテストステロンの濃度が高い時ほど好成績を挙げている」ということが報告されています。テストステロンの分泌により自信と集中力が高まり、それが好成績につながっている可能性があるとのことです。

まとめ

自分の何百倍も忙しい人がトレーニングしているのを知ると、「暖かい布団から出られない」自分が情けなくなります。時間がないという言い訳はできませんね。。。やるだけ!

参考図書

Testosterone著 「筋トレが最強のソリューションである。」文響社

一日一新

めちゃくちゃ邪魔だった庭の木を引っこ抜いた。大家さんに無許可で抜いたのでもしかして怒られるかも。。。こどもの目の高さに枝が伸びてあぶないから。

子供日記

長女:すみっこぐらしにはまっています。スマホゲームをインストールしたらなかなかやめられない。2時間勉強したら30分やっていいという無茶なルールを設定したら、2時間やりました。すごい執念。
長男:日曜日は仮面ライダーゼロワン、キラメイジャーの日!
次女:チャーハンとか、焼きそばとか。半人前食べてます。子供の離乳食は全然食べない!味が薄いんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です