バリ得こだま、ひかりレビュー

私は実家が福岡にあるため、新大阪から福岡へ行くための新幹線を時々利用します。一人で行くならまだしも、家族で行くとなると家計にとっては相当な痛手です。少しでも安くいく方法はないか調べたところ半額近い値段で行く方法がありました。それが、バリ得こだま、ひかりという日本旅行の商品です!今回福岡にはこの商品を利用させてもらったのでメリット・デメリットをレビューします。

メリット1.価格が安い!

通常新大阪~小倉の自由席で13,620円かかる新幹線のチケットがなんと6,900円!価格破壊です。新幹線のチケットを安く買う方法はいくつかありますが、段違いの安さです。この価格こそがバリ得こだまを選ぶ一番のメリットかと思います。

メリット2.お土産券が付く!

チケットを購入すると当日のみ指定店舗で利用可能なお土産券が200円付きます。小さなメリットですが、乗車時間が長いので、お弁当やお茶などを買う必要がありますので、うれしいメリットです。


小倉駅では雑誌に使うこともできました。

メリット3.インターネットで予約できる!

3日前であればインターネットで予約でき、チケットを自宅まで届けてくれます。e5489のシステムのように新大阪駅の券売機で発券できれば一番便利なのですが。
日本旅行URL ↓
https://www.nta.co.jp/jr/shinkansen/kodama/


このような封筒が家に届きます。

デメリット1.移動時間が長い!

しょうがないことですが、全ての駅で停車するこだまは5時間近くかかります。のぞみであれば2時間で着くことを考えると倍以上かかることになります。小さな子供がいる家庭ですと移動時間の長さは大きなデメリットでしょう。大人が個人で移動する場合、移動時間が長いことが気にならない人にとってはあまり気にならないかもしれません。僕は大丈夫な方です。

余り馴染みのない駅にも止まります。のぞみに抜かされるため、10分以上止まることもしばしばあります。

デメリット2.当日購入できない!

バリ得こだまはJRの窓口で買えるチケットではなく日本旅行の商品です。3日前までの予約ならインターネットからできますが、2日前、前日になると窓口まででむかないといけません。さらに、2府、4県の窓口でしか販売していないので、三重県の窓口では買えないのです。最寄りでも滋賀県大津市まで行かないと買えません。そのため、急に福岡に行くことになった場合には向いていません。

デメリット3.変更できない!

通常新幹線のチケットは手数料無料で1回日時の変更が可能です。しかし、バリ得こだまのチケットは変更不可です。一度取った時間に必ず乗らないといけません。キャンセルは可能ですが以下のキャンセル料金がかかります。

解除日当日前日2-7日前8-10日前11日前以前
料金50%40%30%20%無料

デメリット4.本数が限られている!

元々空席の目立つ時間帯のシートを格安で売るというのがこの商品の目的だと思うので、そもそも数が多くないです。とくに「ひかり」は早朝か遅い時間の2本しか選択できません。三重県から新大阪までの移動を考えると「ひかり」の利用はかなり難しいです。こだまに関しても本数が限られているので、時間に余裕がある人にお勧めです。

ひかりの新大阪発は朝の早い時間のみです。
こだまは選択肢が広がります。

バリ得こだま、ひかりのメリット、デメリットについて書きました。料金と時間、どちらを重視するかが判断材料なのと、旅行までの期間、自分が住んでいる場所なども購入に影響があります。

今日の一日一新
・バリ得こだま
・とんこつラーメン「麺心」

今日の子供日記
・長男、長女の写真にいつも癒されます。今日はいつもの近所の散歩写真。花を観察したりしているようです。大人であれば10秒で通り過ぎる道も子供と一緒だと10分、20分かかります。暑くなってきたので熱中症にならないように気を付けないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です