腰椎椎間板ヘルニアについて

腰部痛の原因として非常に良く聞く病気だと思います。慢性的な腰部痛があり、下肢へのしびれや脱力感がある場合に疑います。椎間板とよばれる背骨の骨と骨の間のクッションが普段の生活環境の中で変形し、変形した椎間板が神経を圧迫することで症状を発します。

誘因

線維輪の亀裂から髄核が押し出され、神経を圧迫することにより発症します。

男性に多く20-40歳代に好発します。発生部位としては80%以上がL5/S1ですが、臨床の印象としてはL4/L5もかなり多いです。胸椎に発生することもあります。

原因としては近接関節の可動性不良を起因とする腰部への過度の負担が引き金となることが多いです。

Atlantic Spine Center youtubeチャンネルより引用

症状

  • 腰痛
  • 腰部伸展制限・屈曲制限
  • 坐骨神経症状(下肢の痛み、しびれなど)
  • 少し歩くと下肢が痛み、しばらく休むと治る(間欠跛行)

検査・診断

神経刺激症状の誘発テスト(前屈、SLR test、Flip test)

CRTechnologiesのyoutubeチャンネルより引用

画像所見としては、単純X線、MRI、脊髄造影、椎間板造影、神経根造影などがあります。レントゲンでは椎間板は写らないので、必要性に応じてドクターの判断でMRIを取るパターンが多いかと思います。

ヘルニアの発生部位障害部位神経脱落症状
L3/4L4神経根大腿四頭筋の筋力低下、膝蓋腱神経反射の低下、膝下下腿前面の感覚障害
L4/5L5神経根前脛骨筋、長母趾伸筋の筋力低下、母趾の感覚障害
L5/S1S1神経根下腿三頭筋、長母趾屈筋、長趾屈筋の筋力低下、アキレス腱反射の低下・消失、小趾側の感覚障害

治療

  • 安静
  • コルセット
  • 薬物療法(NSAIDs、オピオイド系鎮痛剤)
  • 神経ブロック(硬膜外ブロック、神経根ブロック)
  • 運動療法

運動療法

万人に効くエクササイズは有り得ません。ここでは腰部椎間板ヘルニアの人に多い姿勢を改善するエクササイズを紹介します。

深呼吸エクササイズ

呼吸は一日に18000回すると言われています。もし呼吸時に本来使うべき筋肉を使わずに呼吸をしている場合、無意識の中で18000回使うべきではない筋を使っていることになります。深呼吸エクササイズを入れ、呼吸を最適化することで凝り固まった筋肉を緩めます。

うつ伏せ足上げエクササイズ

目的:大殿筋筋活動の活性化

シットアップツイスト

目的:腹斜筋群筋活動の活性化

生活動作

せっかくエクササイズで筋のアンバランスを改善しても日常生活の中で腰に負担がかかっている動作をしてしまうと元も子もありません。腰痛持ちの方々はおしなべて下の動画の様な動きをしていることが多いです。これだけ気を付けるだけでも腰部痛が改善するはずです。

今日の一日一新

・野間大池公園でインターバル 1000m×5本 レスト2分 4分20秒
・筑紫野市総合公園:3連休最後の日だったのでものすごい人。人口密度高かったので屋外と言えどコロナの人がいたら感染しそう。この1,2週間は人の少ないところにいようと思います。

今日の子供日記

長女:小学校から7時起きできるか心配。
長男:区の3歳半検診。右目の視力が低い?念のため眼科で精密検査だそうです。心配。
次女:おむつかぶれがひどいので心配。

心配事が多いです。


オンラインでのパーソナルトレーニングを希望ならネットdeパーソナルがおすすめ!

こちらをクリック!ネットdeパーソナル

個別のメニュー作成を希望ならトレーニングレシピがおすすめ!

こちらをクリック!トレーニングレシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です