低酸素トレーニングの効果

現在私の勤務先には低酸素トレーニングルームがあります。

様々なアドバンテージがあるので紹介したいと思います。

有酸素性能力(持久力)の向上

低酸素トレーニングの効果として伝統的に言われているのは持久力向上効果です。酸素濃度の低い環境下にいることで血液中に含まれるヘモグロビン濃度(酸素運搬機能を持つたんぱく質)が増え、長時間動いても疲れにくい身体になります。

無酸素性能力の向上

最近は持久力の向上効果だけでなく、酸素借や無酸素性エネルギー代謝の亢進など、短距離走のパフォーマンスに関連する数値の改善も期待できることが分かってきています。ダッシュ力がつきます。

レジスタンストレーニングの効果の向上

また、まだ研究の数は少ないですが、筋肉量の増加効果が認められるような研究結果も出てきています。よりマッチョを目指せます。

実はみどりクリニックでも筋力に関する研究を実施し、低酸素室内でトレーニングした方が筋力向上効果が高いという結果が得られました。力持ちになれます。

ハード面の普及がまだまだで、三重県にあるのが不思議なくらいです。これからの分野ですが、トップアスリートだけでなく、一般の運動愛好家の方にも普及していけばと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です