ヒップアップとしての大殿筋の働き

大殿筋は面積の大きな筋肉で発揮できる力も非常に大きいです。走る時やジャンプするときなど、主に股関節の伸展させるときに力を発揮します。

線維走行は上部線維と下部線維に分かれており、上部線維は外転方向。下部線維は内転方向に動かします。同じ筋肉なのに線維走行の違いにより真逆の作用がある珍しい筋肉です。

ヒップアップのためには無視できない筋肉で、特に下部線維の内転作用は見過ごされがちなので「伸展」「外転」「内転」をしっかり鍛えていくことが大切です。

プロメテウス解剖学アトラスより

ヒップアップエクササイズ

ヒップアップで臀部を鍛える際は股関節伸展方向に脚を伸ばすことと、外転・内転方向に鍛えることでお尻全体を鍛えられます。それぞれの作用を含むエクササイズを紹介します。

股関節伸展エクササイズ

股関節外転エクササイズ

股関節内転エクササイズ

内転エクササイズは特にお尻と太腿の境目を鍛えるので、プリッとしたキレイなヒップラインを作るのに重要なエクササイズになります。

上のエクササイズは基本的なものですが、簡単にできるようであれば足に重りをつけたり回数を増やしたり、もっとレベルの高い動きにしたりして負荷を漸進させていってください。

参考資料

プロメテウス解剖アトラス

一日一新

天神ビックカメラ
Toshibaテレビ購入

子供日記

長女:今日は寝坊気味で、朝一人で初めて登校しました。忘れ物を減らすため、毎日持っていくものリスト作成しました。
長男:妹と喧嘩するようになりました。妹が泣いたときには悪いことしたと思うのか、慰めています。
次女:3人の中では成長は一番ゆっくりな感じ。「どうぞー」と言えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です